2019.01.25 UP

展覧会 ラトビア、融合の建築 LATVIA ARCHITECTURE AT CONVERGENCE

このたび、駐日ラトビア共和国大使館および本学の共催にて、同国の建築を紹介する展覧会を開催します。

 本展覧会では、ラトビア、とりわけリガの建築を形作り、そのユニークな特徴をつくり出した複合的背景の一端をご紹介します。 北ヨーロッパのバルト海に面するラトビアは、地理上の交差部に位置し1,000年以上にわたって政治、商業、社会における多様な要素が交錯する場所です。より捉えがたい「融合」の層は、共存する文化的潮流の存在に関係するものです。そのような文化の共存は、この地に住む古代バルト民族の深く根を下ろした伝統、外国文化によって持ち込まれた遺産、そして現代のラトビアのアイデンティティの間に、類例のない調和を生み出しています。

 鍵となるコンセプトは、ラトビアの空間美学の神髄を形成する「融合する文化的潮流」のある側面を示しています。この展示では合理的で論理的な説明を行うのではなく、直感的で知覚的な表現を追っていきます。

 皆様のご来場をお待ちしております


開催期間:2019年1月25日(金)より2月13日(水)まで
     休校日:日曜日、祝日
時  間:午前8時から午後10時まで(但し、初日は午後2時から)
会  場:早稲田大学西早稲田キャンパス55号館1階アトリウム
     東京都新宿区大久保3-4-1
※一般公開、申込不要、入場無料

主催:駐日ラトビア共和国大使館
   早稲田大学 総合研究機構 ユネスコ世界遺産研究所
関連企画:『a+u(建築と都市: Architecture and Urbanism)』誌
     2016年12月号No. 555「特集:ラトヴィア―建築の表出」
展示コンセプト:イルゼ・パクロネ(スタジオ・ワサビ) | ダッツェ・ペンケ
協賛:在大阪ラトビア共和国名誉領事館
お問い合わせ:早稲田大学建築史研究室 

オフィシャルサイト

EXHIBITION
LATVIA ARCHITECTURE AT CONVERGENCE

The exhibition provides a glimpse of the multiple aspects that shaped the architecture of Latvia, and particularly Riga, and created its unique character. Located in Northern Europe at the gateway to the Baltic Sea, Latvia has been placed at the geographical, political, commercial and social crossroads for more than a thousand years. More subtle layers of ‘convergence’ are related to the existence of parallel cultural streams creating unusual harmony between deep-rooted traditions of the ancient Baltic tribes living in the area, heritage brought in by foreign cultures, and contemporary Latvia’s self-identity.

THE KEY CONCEPTS pinpoint a certain aspect of CONVERGING CULTURAL STREAMS that eventually shape up the essence of spatial aesthetics in Latvia. Rather than offering rational and logical explanations, the exhibition traces intuitive and perceptual suggestions.


Date: January 25th (Fri), 2019 - February 13th (Wed), 2019
closed: every sunday, national holiday
Hours: 8:00-22:00 (1/25 14:00-22:00)
Venue: 1F,55Building,Waseda University Nishi-Waseda Campus
3-4-1 Okubo Shinjyuku-ku Tokyo 169-8555
※Free and open to the public, no registration required



Organizer: Embassy of the Republic of Latvia in Japan
Waseda University Comprehensive Research Organization
In association with “a+u” (Architecture and Urbanism) magazine
special 2016 December Issue No. 555 “Feature: Latvia – Architecture Unfolding”
Exhibition Concept: llze Paklone (Studio Wasabi) | Dace Penke
Supported by Honorary Consulate of the Republic of Latvia in Osaka
Contact: Laboratory of Architectural History, Waseda University

Official Site