HOME > 建築学科を志す皆さんへ

建築学科概要1-01

人間生活の基礎を創る技術と芸術の総合を学ぶ

本学科は私大の建築学科として最古の歴史を持ちます。1909年の学科創設以来、数多くの優れた人材を輩出し、国内外から高く評価されています。
2000年度より、学部大学院を一貫する6年間の教育課程を実施し、近年国際社会において要求されている、建築の専門教育を5年以上とするUNESCO / UIAの建築教育憲章(1996年制定)にも適合しました。
従来どおり4年間で学部を卒業することも可能であり、将来残り2年間の大学院教育を受けることにより、その基準を満たすことができます。

授業1-02

建築学科/建築学専攻のカリキュラム概要

建築学科および建築学専攻は建築芸術学分野と建築工学分野から構成されています。建築史は各時代の建築表現や技術、また社会と建築の関連を幅広く学びます。

近年ではエジプト、カンボジアのアンコール、ベトナムのフエなど海外の歴史遺産の修復保存も手がけています。建築計画は建築家として活躍する教員による実践的な設計演習を中心に、国内外で活躍する建築家や建築企画者の養成を目指します。

都市計画は徹底した現場での演習を基礎に、都市デザインから市民参加のまちづくりまで実践的に研究するとともに、職能確立のための人材育成をおこないます。環境工学は室内や都市の快適性向上や防災、エネルギー問題の解決をめざし、建築設備、建築環境、都市環境、防災工学の技術や理論を研究します。建築構造は建築物の安全性を確保するため、地震工学、耐震構造、振動工学、弾性力学、曲面構造、土質・基礎工学から構造信頼性、構造制御、制震構造、免震構造まで幅広く研究します。建築材料及施工は新素材、新構法や施工技術の開発や生産管理などの実務に直結する課題について研究します。

学部・大学院を通して、2007年度より、学部および大学院修士課程の合計6年間を対象とするJABEE(日本技術者教育認定機構)の教育認定を目指した新カリキュラムをスタートさせ、教育のさらなる充実を図ります。

(カリキュラムは大学院・学部の6年を一貫するビジョンの元に編成されていますが、学部と大学院が統合されたわけではありません。従来通り学部4年間で卒業し社会に出ることも可能です。また大学院に進学するには試験に合格する必要があります。)

学習環境1-03

早稲田大学西早稲田キャンパスでは、充実した建築の専門教育・研究環境が整えられており、大人数の講義に対応できる教室設備や、手書き、CAD製図、情報リテラシーを行う製図室環境、模型制作や製図指導を行うスタジオ環境、工作実験室・材料実験室などの多彩な工作機械を装備した工作環境、最先端のコンピュータ、出力機器を備えたデジタル環境、そして40万冊の蔵書をもつ理工学図書館をはじめとするリファレンス環境など、様々な学習、研究に対応可能な設備や空間を整備しています。また、キャンパスには600台を超えるパーソナルコンピュータやワークステーションが設置され、講義の他、オープン利用も可能となっています。また、キャンパス内のネットワークは高速な環境を有しており、中庭や各教室、研究室からwi-fi等を通じインターネットの利用ができるように整備されています。

  • 製図CAD室

    製図CAD室

  • 57号館建築設計スタジオ

    57号館建築設計スタジオ

  • 57号館階段教室

    57号館階段教室

  • 村野読書室

    村野読書室

  • 55号館アトリウム

    55号館アトリウム

  • キャンパス中庭

    キャンパス中庭

  • 理工学図書室

    理工学図書室

  • 材料実験室

    材料実験室

  • 木工室

    木工室

  • 学生ラウンジ

    学生ラウンジ

学習環境1-04

建築史系

  • 中谷礼仁研究室ウェブサイト
    NAKATANI,Norihito

    過去は「あった」のではなくて「いる」。現在にも影響を与えている。中谷礼仁研究室では、従来の建築史研究をもとに「歴史工学」という新しい学的ジャンルを打ち立てた。時間の異なる事物の混在の仕方、活かし方を研究している。歴史的建造物の保存活用提案、環境学や民俗学などとの連携による千年スパンで続いた都市や集落の原因解明とその評価、近代黎明期の西洋における建築文献の翻訳研究、早稲田建築をはじめとしたアーカイブ研究、歴史的事物の新カテゴリによる再配置などである。

  • 小岩正樹研究室ウェブサイト
    MASAKI,Koiwa

    工学分野において建築学にのみ、その歴史つまり建築史研究が設置されていることの目的を実行し、早稲田でのその歴史を継承発展させることを第一義とする。基本的な研究方法は建築表現と建築生産構造を歴史的・主体的に媒介する建築設計技術の把握を基本とする。分野は日本、日本近代、西洋、エジプト、アンコール、ベトナムの各建築と歴史、研究室の共同研究は日本古典建築書(木割書)の読解や伝統建築の実測調査、世界遺産等の保存修復事業への参加などを通して行う。

建築計画系

  • 古谷誠章研究室ウェブサイト
    FURUYA,Nobuaki

    人間と建築、建築と都市、都市と自然環境の関係の中に、人間の生活空間がいかに築かれるべきか、風土に学び、過去の事例に学びながら、新しい建築の創造を目指して、様々な空間デザイン手法の研究を行っている。

    建築家として必要な観察力、洞察力、建築のデザインをもって社会に提案する力を涵養するため、学生と教員が一体となって、国内外の実際の建築設計や建築ワークショップなどに携わり、実践的な教育・研究を心がけている。

  • 藤井由理研究室ウェブサイト
    FUJII,Yuri

    文化、文明、思想、社会背景などをふまえ、主に近現代の建築の空間分析や建築家の言説の読解を通して建築デザイン方法論の研究を行っている。美術や音楽などを含めた幅広い多面的な芸術分野を横断する研究を目指す。 建築を人間から引き離された静的な対象物として捉えるのではなく、人間を中心に据えた建築との関係を考え、新しい空間、建築から都市に至るまで、設計への展開を目的とする。

  • 渡邊大志研究室
    WATANABE,Taishi

    さまざまな社会的状況と建築の接続域を深く考察し、古来の建築文化をより開かれた体系として呈示する。広義の歴史学、近現代都市史に対して歴史学的意匠などの建築デザインの分野から働きかける径を拓き、情報や環境といった現代社会の諸処について建築デザインが牽引する像を作り上げていく。 都市のインフラストラクチャーを多義的に捉えることで、農村、庭園、モビリティなどの諸研究へと広く展開していく。

  • 小林恵吾研究室
    KOBAYASHI,Keigo

    縮小社会のあらゆる問題に世界に先立って直面している日本において、広義の建築とそれを支える建築的思考が、今後の社会、都市、生活空間においてどのような役割を果たすべきか、多角的なリサーチや調査、分析、視覚化を行いながら、その新たな可能性を探求している。特にローカルな課題とグローバルな課題を並列して捉え、海外調査や国際ワークショップ、実践的設計などを通じて、国際的視野や知見を育成し、情報デザインおよび空間デザインの研究に反映することを心がけている。

  • 山村健研究室
    KOBAYASHI,Keigo

    当研究室では、建築デザインの実践的な制作を主として行っている。それと並行して次の研究も展開して行っており、それらの理論的研究は制作をより深めるものとして、位置づけている。THEORYSCAPE :スペインのアントニ・ガウディなどの近代建築を築いた建築家・作家論を中心に研究を進めており、それぞれの建築家の思想を美学や建築論とつなげて考察することで、新たな建築家の視座の獲得を目指している。GROUNDSCAPE:本テーマは、建築の場所の問題を建築論と都市論をつなげるものとして捉えた新たな都市論の試論である。

都市計画系

  • 後藤春彦研究室ウェブサイト
    GOTO,Haruhiko

    「景観まちづくり」を標榜し、地域計画と都市設計の両面から研究・教育を進めている。フィールドワークを中心に据えた本学の伝統的な対象へのアプローチを継承しながら、これまで断片的になりがちであったまちづくりの成果の総合化・体系化を試みるとともに、「まちづくり人生ゲーム」、「まちづくりオーラルヒストリー」などの人々の暮らしの息づかいを時間軸で把握する手法を開発し、具体の公共空間の設計へと展開している。

  • 有賀隆・内田奈芳美研究室ウェブサイト
    ARIGA,Takashi

    都市は地球環境を生き抜く人類の知恵、社会の記憶、自然の仕組みが重層した場と捉えられる。人間活動を中心とした都市・コミュニティ空間の創造とデザインを担う「まちづくり建築学」の実践的な研究・教育を行っている。ひと・社会、まち・建築、しぜん・環境の持続関係を理解し、地域に根ざした「まちづくり建築」を市民や住民と連携・協働して実現するグローバル専門家としての俯瞰力と提案力、リーダーシップ力を培うため、国内や海外のパートナーと協働で国際ワークショップ等を共同実施し、まちづくり建築の実践的なプロジェクトを通した先端的な研究・教育を進めている。

  • 矢口哲也研究室ウェブサイト
    TETSUYA,Yaguchi

    矢口研究室は私たちを取り巻く既存の都市空間を研究の対象として取り上げる。建築的なスケールから、街 区、地域、広域都市的なスケールまで様々なレベルで都市環境を読み解き、市街地空間を支える物理的、社会的、環境的、技術的システムを総合的に理解、都市 の潜在的資源を生かし強化するアーバンデザインの提案とその理論的背景の探求を行う。学生は研究室の活動を通し、アーバンデザイナーの専門家として具体的 な戦略、設計提案をできる能力を取得する。

構造系

  • 曽田五月也研究室ウェブサイト
    SODA,Satsuya

    建築物の耐震安全性をより向上させるためには、その減衰性能に立脚する設計法を一般化することが重要である。それ自体は損傷を受けることなく建築物への地震入力エネルギーを吸収する粘性系ダンパ(エネルギー吸収部材)を利用することで、構造の動力学特性を単純化するとともに不測の地震入力に対するロバスト性を高める各種技術の研究をしている。最近実用化した方杖設置式オイルダンパによる制振補強構法もその成果の一環である。

  • 西谷章研究室ウェブサイト
    NISHITANI,Akira

    現在、建築構造は、情報通信、センシング、コントロールなどの先端技術を融合して、建築そのものが自身時の揺れを低減するように自律的に賢く反応したり、損傷の程度を的確に診断するスマート構造に向かいつつある。このような背景から、国際的な連携を進めながら、制御、計測、モデリング、同定をベースとして、応答制御やヘルスモニタリングを中心としたスマート構造技術の研究を行っている。

  • 山田眞研究室
    YAMADA,Makoto

    地震国における建築構造物の安全性を確保するうえで考慮すべき入力地震動を中心に研究を進めている。また、実際の構造物の挙動を、地震観測や振動実験、微動測定により調査したり、震源から観測点地盤までの影響を考慮した模擬地震動の作成を目指している。過去に記録された貴重な大地震のアナログ記録を現在に活かせるようなデジタル化システムの構築も行っている。

  • 前田寿朗研究室ウェブサイト
    MAEDA,Toshiro

    空間的に拡がりのある構造物の力学的特性の研究を行っている。連続体力学を適用した解析的検討を行うと共に、微動の測定等により実証性を付与することが研究の特色である。現在の研究対象には、波動伝播特性に基づく地盤のモデル化、鉄筋コンクリートシェルの崩壊過程の追跡、組積造遺跡建築物の力学特性のモデル化等があり、それぞれ建物への地震入力、シェルの耐震性評価、遺跡建築の修復法の合理化をめざしている。

建築環境設備系

  • 長谷見雄二研究室ウェブサイト
    HASEMI,Yuji

    建築・都市の可能性と克服すべき課題を、安全・防災という視点から研究している。現在、取り組んでいる研究テーマとしては、地下空間の災害危険と安全計画法、防災法令の位置づけが明確でなかった伝統木造による市街地建築の可能性の追求、耐火木造の開発、災害に強い病院・病棟の計画法、歴史的建築物・歴史的町並みの防災、密集地区の防災改善手法の開発、これらの研究開発の基盤となる火災・避難行動のモデリング等がある。

  • 田辺新一研究室ウェブサイト
    TANABE,Shin-ichi

    人間を中心にした建築環境に関する研究を行っている。快適で健康的な建築環境の実現のためには、エネルギーや環境負荷に関しても考慮する必要がある。半屋外空間・駅の温熱環境、環境デザイン、次世代温熱環境、室内空気質、知的生産性、光環境・ファサード、ゼロ・エネルギー・ビル、ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEB/ZEH)建築設備及び環境情報に関するテーマについて研究を行っている。国内外の関連研究所、研究者と幅広く交流を行っている。

  • 高口洋人研究室ウェブサイト
    TAKAGUCHI,Hiroto

    建築環境工学と都市環境工学を基盤とし、建築・設備技術と住まい手、そしてデザインやプロセスマネジメントとの境界領域における研究を行っている。都市部におけるバイオマス、自然エネルギー導入促進策の検討。縮減社会における省CO2型まちづくり。省エネルギー生活を誘導する住まい手への情報提供技術の開発。発展するアジア諸国における省資源・省エネルギー対策の立案など、人間と社会、そして環境技術の関係性を理解し、最適解を導き出す方法論について研究している。

建築生産系

  • 嘉納成男研究室ウェブサイト
    KANO,Naruo

    建築を造るためには、品質確保問題、労働安全問題、工事をめぐる環境問題など様々な問題を克服する必要がある。嘉納研究室は「建築の造る」ことに視点を置いた各種の研究を行っている。施工方法、機械化、工業化工法などの施工技術と、品質確保、生産性向上、工期短縮などのマネジメント技術について、調査、実験、さらには3次元CADやバーチャルリアリティを用いた各種シミュレーション技術を探求している。さらに、近年大きく変化しつつある建築産業について、需要予測、産業の仕組みを研究している(図:床昇降システムの3次元CADによる検討)。

  • 小松幸夫研究室ウェブサイト
    KOMATSU,Yukiko

    図の建物は建築家の前川國男による名作といわれた集合住宅である。東京の晴海にあったものであるが、残念ながら取り壊されてしまった。これからの日本はよい建物を長く使い続けるという社会になっていくものと思われる。そのためには建物をきちんと管理していくこと、あるいは住み手の変化や時代の変化に応じたものに改修していくことなどが必要であるが、そうしたことを具体的にどうしていけばよいのかを私たちの研究室では考えている。

  • 輿石直幸研究室ウェブサイト
    KOSHIISHI,Naoyuki

    屋根、壁、床などの建築部位を構成する材料の選び方、構成部材の性能評価、新機能の付与および性能の向上、建築物の劣化診断、天然素材や産業廃棄物の有効利用など、建築材料・施工に関する多様な研究を行っている。最近の研究テーマには、伝統土壁における左官技術、土素材の高度利用、木造住宅の防水・雨仕舞と長寿命化、陸屋根の遮熱・断熱防水システムの性能持続性などがある。(図:伝統小舞土壁の水平加力試験)

建築学科の入試について

早稲田大学では、『学問の独立』の教育理念のもとで、一定の高い基礎学力を持ち、かつ知的好奇心が旺盛で、本学の理念である進取の精神に富む、勉学意欲の高い学生を、わが国をはじめ世界から多数迎え入れています。 とくに、建築学科(学部)および建築学専攻(大学院)は、多様な人材が集まり共に学ぶことの相乗効果を狙って、下記のような方針で多様な入試制度を準備し、入学者を選抜しています(下記は学部の例です。大学院についてはリンク先をご覧ください)。 上記の多くの入試では、鉛筆デッサンを主とする「空間表現」という実技試験を行っています。

  • 一般入試:数学、理科および外国語において高い基礎学力を有する者
  • 早稲田建築AO入試(創成入試):創造性豊かで、指導力に富み、率先してチームをまとめ上げるコミュニケーション能力に優れた活発な者
  • 特別選抜入試: 数学、情報、生物、物理、科学技術などの理工系科目において極めて優れた能力を有する者
  • 指定校推薦入試:高等学校教育の内容を堅実に習得した勉学意欲の高い者
  • 附属校・系属校推薦:幅広い知識と豊かな教養を持ち、リーダーシップを発揮できる者
  • 帰国生入試・外国学生入試: 国際的な視野を有し、意欲に満ちた個性的な者
入試についての詳細は、早稲田大学理工学術院入試課のWEBサイトをご参照下さい。

一般入試2-01

入試概要

詳しくは、早稲田大学理工学術院入試課のWEBサイトをご参照下さい。 早稲田大学ホームページへ

早稲田建築における空間表現とは

早稲田大学建築学科には一般入試のみならず、さまざまな入試形態の中でも一貫して空間表現という受験教科があります。ここでは空間表現という受験教科がある理由と、それに対して受験生がどのような心づもりをもつべきかを参考として書いておきます。

空間表現が受験教科に含まれていることは、早稲田大学建築学科が歴史的に、芸術的感覚や空間に対する基本的な描写力を基礎としているカリキュラムを工学の実践とともに重視してきた伝統が反映されています。と同時に、創造理工学部の他学科と同様に数学、理科、英語の基礎学力は必須であり、その意義と能力によって十分建築学を学び、その中から自己に適した道を開拓することが可能であるとも考えています。

つまり建築学科全体としては建築を作り上げるために必須の多様性に富んだ人物を見いだし、集結させることをめざして、空間表現をその有効な指標のひとつとして採用しています。したがって、建築学科では、芸術(計画)系の全教員が全ての空間表現の答案を実見しディスカッションして採点しています。これは、大学での表現教育においても一貫している基本方針の反映です。入試はあくまでも総合的能力の判断です。空間表現だけを過度に特別視することは不要です。

以上を前提にしていくつか、空間表現のための心得を書いておきます。

  • 1. どんな課題がでても臆せず、何かを描きましょう。何も描かなければ、評価対象として扱われません。
  • 2. 当日はよく手入れされた筆記用具をもってきてください。
  • 3. シングルラインだけではなく陰影をつけることは全般的に推奨されています。

もし日頃の練習をするとしたら、陰影の表情が豊かな絵を描く練習をするといいと思います。自分の描いた作品の良否を自分で判断する方法に「ワンレンスアーム(One Length Arm)」という言葉があります。つまり腕の長さ分、自分から離して見返してみるということです。そのようにして、客観的に自分の作品を見ることで自分の絵の特徴を知り、また遠くからでも何が描いてあるかよくわかる説得力のある作品ができると思います。

過去の出題につきましては、早稲田大学理工学術院入試課のWEBサイトに掲載されておりますので、そちらをご参照ください。  早稲田大学ホームページへ

早稲田建築AO入試(創成入試)2-02

早稲田建築AO入試(創成入試)とは

建築学科では、一般入試とは別の入試形式として、2002年度より「創成入試(AO方式)」を行っています(試験実施は2011年9月)。「創成」という言葉の由来は、「創成科目」という新しい工学教育の理念に基づいた科目名にあります。(2012年度より早稲田建築AO入試と名称変更。)

早稲田建築AO入試は、1次試験(書類審査と鉛筆によるドローイング、作文)、2次試験(面接審査、プレゼンテーション)を通じて学科目試験では測ることのできない受験生の、学ぶ力、発見する力、創り出す力を多面的に評価する入試制度です。

また、これまでの知識供与型の教育のみでなく、ある課題が与えられた際に、自らがそこに潜む問題を発見し、学び、解決し、発展させ、その成果を適切に発表するという、プロジェクト達成型の教育理念を入学制度に導入したものです。

求める学生像

わたしたちの暮らす現代の日本は、地震・台風・大雪などの厳しい自然条件に加え、地球環境問題、少子高齢化、あらゆる分野での国際化などに直面し、安全で快適な生活のために、国内はもとより世界中のそれぞれの地域に根ざした建築や都市の在り方が問われ、多くの国際的な貢献のできる建築の専門家が必要とされています。建築学科では。創造性豊かで、指導力に富み、率先してチームをまとめあげる活発な学生の入学を期待しています。

入試概要

詳しくは、早稲田大学理工学術院入試課のWEBサイトをご参照下さい。 早稲田大学ホームページへ

過去の出題について

過去の出題につきましては、早稲田大学理工学術院入試課のWEBサイトに掲載されておりますので、そちらをご参照ください。 早稲田大学ホームページへ

Q&A

  • 「創造理工学部建築学科を第一志望とする」というのは、他大学を受験してはいけないということでしょうか?
    当学科が第一志望であれば、第二志望校などを併願することは可能です。
  • 高等学校卒業者(浪人生)ですが、出願は可能ですか?
    可能です。
  • 海外の高校を卒業予定なのですが出願資格を満たしているかどうかわかりません。
    創造理工学部早稲田建築AO入試係にお問い合わせください(03-5286-3808)。
  • 「志願者自己報告書」および「活動実績報告書」について、
    資格取得・受賞やコンクール入賞といった特別の経歴がないのですが、不利になりませんか?
    受賞や上位入賞である必要はありません。あくまでもそこに至るまでの過程を重視しますので、自分を最もPRできると思う活動等の実績・内容を報告してください。優勝や受賞の場合は、それを証明できる書類を縮小コピーするなど工夫をし、「活動実績報告書」の制限枚数に収めて報告してください。
  • 「自己PR資料」と「活動実績報告書」は何が違うのですか?
    「自己PR資料」は第一次選考合格者のみが提出する資料(枚数・書式自由)です。「活動実績報告書」は出願時にすべての出願者が提出する書類(A4版四ページ以内・書式自由)です。
  • 出願資格は満たしているのですが、私の高校では物理Ⅱが履修できません。
    入学後、学部の勉強についていけるかどうか心配です。
    当学部では数学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、A、B、C、物理Ⅰ、物理Ⅱ、化学Ⅰ、化学Ⅱ(旧教育課程においては物理ⅠB、Ⅱ、化学ⅠB、化学Ⅱ)の内容を履修していることを前提にカリキュラムを編成しています。したがって、履修していない範囲がある場合には、入学までの4ヶ月間で自習等により同内容を修得しておく必要があります。なおその間、当学科としても、早稲田建築AO入試合格者を対象とした「入学前準備教育」を実施しています。様々なメニューが用意されていますので、積極的に各プログラムに参加してください。
  • 受験に際して、何か特別な準備は必要ですか?
    特別な受験準備は必要ありません。高校でしっかり勉強し、自分なりの考え方・意見等をはっきりと持つことが重要です。ありのままの自分の実力を最大限発揮してくれることを期待しています。
  • 推薦書はどのような方に書いてもらうべきですか?
    受験生が当学科に入学するのにふさわしいことを証明できる方ならどなたでも構いません。
  • 面接・プレゼンテーションでは、どのようなことをするのでしょうか?
    面接はグループ(6人程度)で30分間、個人で10分間それぞれ行います。個人面接では、必要に応じて「自己PR書類」を使って各自の能力を表現していただきます。
  • 早稲田建築AO入試学生の学部卒業後の進路はどうなっていますか?
    早稲田建築AO入試学生の約70%が大学院修士課程に進学しています。早稲田建築AO入試学生は建築工学分野よりも建築芸術分野の研究室に進む人が多い傾向にあります。修士課程修了後は、その能力を活かし、建築設計事務所やゼネコンの設計あるいは開発の部門に、多数の早稲田建築AO入試学生が就職しています。

帰国生/外国学生入試2-03

入試概要

詳しくは、早稲田大学理工学術院入試課のWEBサイトをご参照下さい。 早稲田大学ホームページへ

指定校推薦入試2-04

入試概要

詳しくは、早稲田大学理工学術院入試課のWEBサイトをご参照下さい。 早稲田大学ホームページへ

特別選抜入試2-05

「数学オリンピック」「情報オリンピック」「高校生科学技術チャレンジ」「日本学生科学賞」「日本生物学オリンピック」
「物理チャレンジ」を利用した入試を実施しています。

入試概要

詳しくは、早稲田大学理工学術院入試課のWEBサイトをご参照下さい。 早稲田大学ホームページへ

大学院入試2-06

入試概要

詳しくは、早稲田大学理工学術院入試課のWEBサイトをご参照下さい。 修士課程入試ページへ